【新商品】最新耳あな型!フォナック バート P

TOPICS

2022年8月1日

フォナックより最新の耳あな型、

バート P(パラダイス)が発売となりました!

 


おすすめポイント① チャンネル数の増加

 

まず、チャンネル数とは何か?ですが、

補聴器の調整をするにあたって、チャンネル数はとても重要なものです。

 

「補聴器に入ってきた低い音から高い音を何分割して調整するか」・・・

 

つまり、

「お客様のお耳の聞こえに合わせてどれだけ細かく調整できるか」

「どれだけ自然な音に調整できるか」

「いかにピンポイントで雑音を抑えたり人の声を拾いやすくできるか」

ということになります。

 

前のシリーズまでは、

・90クラス(プレミアム) 20チャンネル

・70クラス(アドバンス) 16チャンネル

・50クラス(スタンダード) 12チャンネル

・30クラス(エッセンシャル) 8チャンネル

といったチャンネル数でしたが、

 

今回のバート Pは

・90クラス(プレミアム) 20チャンネル

・70クラス(アドバンス) 20チャンネル

・50クラス(スタンダード) 16チャンネル

・30クラス(エッセンシャル) 12チャンネル

に増え、より細かい音の調整ができるようになりました。

 


おすすめポイント② 最新のハードウェアとオーダーメイド製作で自分仕様に

自社開発の「PRISM™」(プリズム)チップがより自然で快適なきこえを実現しています。

さらに、独自のオペレーティングシステム「オートセンス OS 4.0」により、

まわりの音環境に合わせて補聴器が自動で音を調節してくれます。

 

また、お客様一人ひとりに合わせて1台1台手作業で製作しています(バート P-チタンを除く)。

チタン製の極小サイズから標準サイズまでの全サイズがあるので、お客様それぞれの生活スタイルに応じて選ぶことができます。

 


おすすめポイント③ 高度な通信機能

Bluetoothで複数台接続ができ、そして2台の対応機器が同時待ち受け状態にできます。

例えば、パソコンとスマートフォンが同時接続できるため、テレワークでビデオ会議をしている途中で電話がかかってきたら補聴器に着信音が届くので、切替不要ですぐ対応することができます。

※通信機能の付いたタイプに限ります

 


 

アズマ補聴器センターでは、オーダーメイド(耳あな型)補聴器もお試しいただくことができます。

商品についてのお問い合わせ、試聴のご希望について、お気軽にお近くの店舗までご連絡くださいませ!

 

友だち追加
友だち登録のQRコードはこちらから

 

 

 

◆お問合せ

https://www.emimi.jp/contact/

 

 

松山はなみずき店

https://www.emimi.jp/shop/matsuyama.html

 

新居浜店

https://www.emimi.jp/shop/niihama.html

 

今治店

https://www.emimi.jp/shop/imabari.html

 

四国中央店

https://www.emimi.jp/shop/sikokuchuou.html

≪ TOPICS一覧へ戻る