空気電池の廃棄方法

TOPICS

2020年10月12日

皆さんこんにちは、アズマ補聴器センター新居浜店です。

だんだんと寒くなってきましたね。体調にお変わりはないですか?

 

今回は空気電池の廃棄の仕方についてお伝えします・

今までは微量の水銀が入っていたので家庭でのごみ出しではなく専用のお店や場所で廃棄しなければいけませんでした。

しかし、最近のものは無水銀の電池が主流になってきており、ご家庭で使い終わった乾電池などと一緒に廃棄することができるようになりました。

アズマで販売しているボタン電池も、水銀0使用です。

 

 

廃棄するときは、必ず電極部分にセロハンテープやビニールテープをしっかり貼り、絶縁して捨てましょう。切片同士が直接触れ合うとショートしてしまう恐れがあります。

 

 

その後は、ご自宅で乾電池などを捨てるときに一緒に廃棄して大丈夫です。(各自治体のごみ出しルールに従ってください)

もしくは、絶縁した状態の電池をお店に持ってきていただいても大丈夫です!

 

ご不明点があればスタッフまでお問い合わせください。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆WEBからの来店予約はこちらhttps://yoyaku.emimi.jp/◆WEBからのお問合せはこちらhttps://www.emimi.jp/contact/ 

◆各店舗情報・お電話でのご相談や来店予約はこちらから

松山はなみずき店

https://www.emimi.jp/shop/matsuyama.html

 

今治店

https://www.emimi.jp/shop/imabari.html

 

新居浜店

https://www.emimi.jp/shop/niihama.html

 

四国中央店

https://www.emimi.jp/shop/sikokuchuou.html

 

 

 

 

≪ TOPICS一覧へ戻る