補聴器の両耳装用をお勧めするわけ

TOPICS

2020年8月6日

皆さま補聴器は聞こえの悪いほうの片耳で装用するものだと思ってはいませんか?

左右の聞こえに差がないのであれば両耳で装用することをお勧めします。

 

理由① 方向感覚や距離感がつかみやすい

後方から接近してきた自動車や自転車などの音に気付くことができずヒヤッとしたことはありませんか?

両耳で装用すると左右からの音が入ってくるので方向感覚がつかみやすくなり、そういった日常の危険から身を守ることができます。

 

理由② 疲れにくい

例えば、片目で歩くときと両目で歩くときを想像していただくとわかりやすいと思います。

片方の目が見えなくても歩くことに困ることはありません。しかし、両目で見て歩くほうが自然に歩くことができます。そして、長時間片方の目だけの生活はとても疲れてしまいます。

補聴器の片耳装用もそれと似ています。片耳装用よりも両耳装用の方が疲れにくくなります。

 

また、片耳で言葉を聞くよりも両耳の方が小さな音で聞き取ることができます。

両耳装用の方がお耳自体への負担も少なく済みます。

 

理由③ 言葉が聞き取りやすい

人間の脳は、両耳から音が入ったほうが言葉の聞き取りがしやすくなります。

音を感じるだけなら片耳でも問題ありません。ですが、言葉の聞き取りをするために脳はより多くの音情報を必要とします。

両耳に装用する方が片耳装用よりも音情報が増え、言葉が理解しやすくなるのです。

 

 

お試しの際はぜひ、両耳だったり片耳だけだったり、いろいろなパターンに挑戦していただいて違いを感じてみてください!

 

 

◆WEBからの来店予約はこちら

https://yoyaku.emimi.jp/

◆WEBからのお問合せはこちら

https://www.emimi.jp/contact/

 

◆各店舗情報・お電話でのご相談や来店予約はこちらから

松山はなみずき店

https://www.emimi.jp/shop/matsuyama.html

 

今治店

https://www.emimi.jp/shop/imabari.html

 

新居浜店

https://www.emimi.jp/shop/niihama.html

 

四国中央店

https://www.emimi.jp/shop/sikokuchuou.html

≪ TOPICS一覧へ戻る