聞こえにお悩みのご家族様へ コミュニケーションを楽しみ ちょっとした工夫で改善できる5つのヒント

TOPICS

2022年4月9日

難聴の方や補聴器を検討されている方のご家族様へ向け、周囲のサポートでコミュニケーションを楽しむことができ、ちょっとした工夫で改善できる、聞こえのヒントをご紹介します。

 

 

 

 

複数の人が一度に話す時、
大きな音楽、たくさんの笑い声 といった場面において、
聞こえに不安を持つ人は会話への参加が難しくなります。

 

自身が難聴であると感じている人は
日本国内の推計では約1,430万人*1とされます。

 

しかし、聞こえに不安を感じながら、そのままにしている人も少なくありません。

 

英国で行った調査*3では、調査に参加した英国人の3分の1以上が
自分の聞こえに問題があることを認めていながら、
耳鼻科など専門家への相談を行ったのは、

20%未満であることが明らかになりました。

 

私たちの周囲でも

聞こえの問題を認識していない、または
難聴があってもそれを無視したり
聞こえづらさを我慢したりしている可能性があります。

 

 

聞こえの問題があっても、家族や知人と会話を楽しむために
周りが配慮するべき、5つのヒントをご紹介します。

 

1 食事や会話の際には、BGMは小さめに テレビも一旦消しましょう

 

2 会話をするときは、できるだけ静かな場所や時間を選びましょう。

 

3 表情や口の動きなど、全員の顔が見える一番良い席に座ってもらいましょう

 

4 表情がよく見えるよう明るい照明にしましょう。

 

5 聞こえに不安のある方だけでなく、誰に対してもわかりやすいオープンなコミュニケーションをこころがけましょう。

 

引用元:

年始年末、集まりやコミュニケーションが増える時期に取り入れたい、コミュニケーション改善へのヒント|オーティコン補聴器

 

 

アズマ補聴器センターでは、聞こえに悩むご本人様だけでなく、

そのご家族様からの

御相談も随時承っております。

ご家族での普段の接し方、ご本人様への説明など、

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

アズマ補聴器センターチャットでかんたん来店予約

チャットでかんたん!来店予約はこちらから

https://yoyaku.emimi.jp/

お問合せはこちらから

https://www.emimi.jp/contact/

 

アズマ補聴器センター 松山はなみずき店

https://www.emimi.jp/shop/matsuyama.html

アズマ補聴器センター 今治店

https://www.emimi.jp/shop/imabari.html

アズマ補聴器センター 新居浜店

https://www.emimi.jp/shop/niihama.html

アズマ補聴器センター 四国中央店

https://www.emimi.jp/shop/sikokuchuou.html

 

 

記事引用「年始年末、集まりやコミュニケーションが増える時期に取り入れたい、コミュニケーション改善へのヒント(オーティコン補聴器)」より引用・抜粋

 

 

*1 日本国内における難聴や補聴器装用の実情調査「JapanTrak(ジャパントラック)2018」
*2 Facts about deafness & hearing loss
*3 英国の成人2,000人を対象とした全国規模の調査:Oticonと英国調査会社One Poll社の共同によって実施(期間:2021年4月12日~4月15日)

 

 

≪ TOPICS一覧へ戻る