“補聴器” と “集音器”の違いって な~に?

TOPICS

2021年10月22日

補聴器は、厚生労働省から医療機器として正式に認められ、薬事法に定められています。

聴力が低下した方がその聴力を補うために補聴器を使用することで会話をスムーズに行い、日常生活をより快適に過ごしていただけるものです。

集音器は、聴力に合った音の調整を行う事が難しく、時に音が聞こえすぎて耳を傷める可能性もあるものになります。

 

 

補聴器には

耳に掛けて使用するタイプ

耳の中に入れて使用するタイプ

このように形の違いや、メーカーごとに音質や機能なども様々です。

ご自身のライフスタイルに合った補聴器選びがとても大切になってきます。

 

試聴は無料で実施しておりますので、お気軽にお越しくださいませ。

 

≪ TOPICS一覧へ戻る