補聴器購入の医療費控除について

アズマからの耳寄り情報

補聴器購入にかかった費用の医療費控除の条件として、日常生活で最低限の用を足すために供される義手、義足、松葉づえ、義歯を購入するための費用の扱いと同様、医師または歯科医師等の治療または診療等を受けるために直接必要なものであることが要件となります。(所得税基本通達73-3)

 

すなわち補聴器の購入費が医療費控除の対象となる条件は単に聞こえを補うために使用するという目的ではなく、『医師による治療等の過程で直接必要とされて購入した補聴器の購入』であることが必要です。詳しくはお近くの税務署へお尋ねください。

 

参考:国税庁ホームページ「補聴器の購入費用に係る医療費控除の取扱いについて(情報)」

(2016年11月7日)

≪ アズマからの耳寄り情報一覧へ戻る